札幌市 株式会社 建設コンサルタント|一級建築士|建築|設計|地質調査|建築模型|KENSETSU CONSULTANT INC.

 

組み合わせる理由

  • TOP PAGE  > 
  • 組み合わせる理由
 

「ボーリング」「サンプリング」「原位置試験」「室内土質試験」組み合わせる理由

「ボーリング」「サンプリング」「原位置試験」「室内土質試験」組み合わせる理由
 
「ボーリング」とは、地中に穴(孔)をあけて、削孔することをいい、用途により、ロータリー式、オーガー式、試掘、などの掘削方法があります。
 
中でもロータリー式は、土から岩盤まであらゆる地層の削孔が可能で適用範囲が広く、孔底下の地層を乱すおそれも少ないため、現在、日本の地盤・地質調査に最も多く用いられています。
 
「原位置試験」には「ボーリング」孔で行う試験と、孔を使わない試験があり、孔で行う代表的な試験に標準貫入試験があります。
 
その他、孔を利用して行う試験に、孔内水平載荷試験(LLT)、弾性波速度検層(PS検層)などがあります。また、孔を使わない試験には、機械式コーン試験(オランダ式二重管コーン試験とも呼ばれる)や、平板載荷試験などがあります。 
 
「サンプリング」は、計画地の地盤を代表する土の試料を採取することをいい「室内土質試験」の種類や目的に応じて「乱れた試料」又は「乱れの少ない試料」 を採取します。
 
「原位置試験」は、直接計画地の地盤の性状を調査することを目的として行いますが「原位置試験」のひとつである標準貫入試験は、試験を行うと同時に「室内土質試験」用の「乱れた試料」を採取することができます。
 
「乱れの少ない試料」を使う「室内土質試験」の土の試料は、標準貫入試験などで地質や土層を確認し、新たに別の地点の「ボーリング」によって削孔した孔より、採取することが必要となります。
 
このように「ボーリング」「サンプリング」「原位置試験」「室内土質試験」は、地盤の状況に合わせ、計画・設計・施工方法の検討に必要なデータが得られるものを選択し、組み合わせて行います。
 
通常『ボーリング調査・試験』とは「ボーリング」孔を利用して行う調査・ 試験のことを指しますが「ボーリング」と「原位置試験」の標準貫入試験 との組み合わせで行うことが多いため、代表的なものとしてこの組み合わせを指していることもあります。
 
なお、サウンディングとは、「原位置試験」のうち、ロッドにつけた抵抗体を地盤中に挿入し、貫入・回転・引抜きなどに対する抵抗から、地盤の硬軟、締まり具合 又は 土層の構成を調査する方法の総称です。
 
<<株式会社建設コンサルタント>> 〒001-0013 北海道札幌市北区北13条西4丁目1番6号 TEL:011-737-1111 FAX:011-737-2111