札幌市 株式会社 建設コンサルタント|一級建築士|建築|設計|地質調査|建築模型|KENSETSU CONSULTANT INC.

 

土質試験

 

土質試験が必要になる理由

土質試験が必要になる理由
 
室内土質試験が必要になる理由
土の試料を用いて行う「室内土質試験」のうち“「建築物」などの工作物 の計画・設計・施工方法の検討には、主に物理試験と力学試験を行います。
 
土の性質は「 砂 」と「 粘土 」では 異なります。
 
一般に 砂質地盤 では 液状化 ※1 が、粘土質地盤 では 圧密沈下 ※2 が 問題になりやすいため、室内土質試験で土を調べることにより、土の状態を確認し、砂 」と「 粘土 」に分類することができます。
 
また、土のせん断抵抗 ( 面の平行方向に作用する抵抗力 ) や 透水性 など の確認をすることもできます。土のせん断抵抗は、「 砂 」の場合は 内部摩擦角、「 粘土 」の場合は 粘着力 によって決まります。
 
※1 液状化  
地下水などで飽和した砂質地盤が、地震動などの衝撃により水と土粒子が分離し、粒子間 の水が上昇し、土粒子が沈んで、液体のような状態になることを言います。
 
一般的に液状化の判定が必要とされるのは、地表面から20m以内の深さの細粒分含有率が35%以下の土層で、細粒分( 粒径0.075mm未満の土粒子、粘土、シルトが該当 ) の含有率が低く、N値が小さいほど液状化が起こりやすい要因のひとつとなります。

※2 圧密沈下 
地下水などで飽和した透水性の小さい粘土質地盤 ( シルト・粘土など ) が、荷重などによって長時間にわたって圧がかかることにより、粒子間   ( 間隙 )の水が徐々に絞りだされて、沈下する現象のことを言います。
 
圧密沈下は、斜めに傾く ( 不同沈下 ) 原因にもなりますが、比較的N値の低い土層の抵抗力 ( 応力 ) が過去に受けた最大の抵抗力 ( 先行圧密応力 ) 以下の場合、沈下量を検討する必要はほとんどありません。
 
砂質地盤の場合は透水性が大きいため、荷重が加わると同時に沈下 ( 即時沈下) することが多く、粘土質地盤の圧密沈下のような時間との関係性は、ほとんどありません。
 
→ 前のページに戻る
<<株式会社建設コンサルタント>> 〒001-0013 北海道札幌市北区北13条西4丁目1番6号 TEL:011-737-1111 FAX:011-737-2111