株式会社建設コンサルタント

地質調査 Foundation Investigation

地質調査の種類

私たちが行っている地質調査は、主に地中に孔 ( 穴 ) をあけるボーリングそのボーリング孔を使った標準貫入試験です。

ボーリングと標準貫入試験のほか、孔内水平載荷試験、現場透水試験、弾性波速度検層 ( PS検層 ) 、常時微動測定、平板載荷試験、室内土質試験などの試験も必要に応じて取り扱いしています。

地質調査

地質調査の計画

1. 建築計画地の地層構成を推定

目に見えない地面下の状況をすべて把握することは難しいため、はじめに建築計画地の住所などから地層構成を推定します。

地層構成を推定するには、過去に調査したことのある付近データのほか、地質調査研究所発行の図幅 ( 地質図 ) や国土交通省国土地理院発行の地形図などを参照します。

2. 地質調査・試験方法の検討

建築計画中の建築物すべての基礎位置に対しての地質調査を行うことは難しいため、推定した地層構成、建築物の用途や規模、建築面積、基礎の設計方針などから、地質調査を行う箇所数や深さ ( m ) 、試験方法などを検討します。

3. 見積作成

必要な地質調査方法を検討後、建設予定地の地層構成を把握し判断できると想定した内容を提案し、見積書を作成します。

地質調査の受注

1. 受注

地質調査は、建築主 ( 依頼者 ) から直接のご依頼で受注するほか、設計事務所や建設会社のご紹介で受注する場合とがあります。

直接依頼
紹介依頼

2. 調査資料の整理

計画地の地図や敷地の大きさがわかる地積測量図、当社が過去に計画地付近で調査している場所がある時はその柱状図などの資料を確認します。

これらの資料を整理するため、必要に応じて事前に現地調査も行います。

3. 地質調査実施

事前に確認、整理した調査資料と検討した調査計画をもとに、現場調査員と打ち合わせを行い、計画地でボーリング試験を実施します。

ボーリング試験実施中は、現場調査員からの報告により掘削した地盤状況を確認し、建築主 ( 依頼者 ) へ中間報告として確認用の仮柱状図を作成してお渡しします。試験結果に基づいた掘削深度に達した時点で建築主 ( 依頼者 ) と打ち合わせ後、現地ボーリング試験を終了します。

現場ボーリング調査

4. 報告書作成

ボーリング試験の結果や採取した土の試料の解析をもとに現地の地盤状況を分析し、建築物の基礎の種類について考察の上、ボーリング柱状図や断面図にまとめ、報告書を作成します。

5. 成果品の納品

成果品である地盤や地質情報は、建築主 ( 依頼者 ) のものであるため、最終的に建築主 ( 依頼者 ) へ納品します。

直接納品
紹介者へ納品

成果品は調査報告書の他、土質サンプルを標本ビンと標本箱に収め、成果品として納品します。調査報告書の納品数は3冊を基本 ( 建築主、設計者、施工者用 ) としていますが、ご希望に応じて必要数作成することも可能です。

5. 情報の提供

地盤や地質情報は、建築主 ( 依頼者 ) が設計事務所や建設会社に提供する情報です。その情報をもとに建築設計や建設の計画が始まります。

地質調査成果品 地質調査成果品

建築設計・設計監理