株式会社建設コンサルタント

「 知る 」からはじめる

私たちは長い長い間、自然に手を加えて建築という文化を創り上げてきました。

そして私たちは今、さまざまな技術を通じて、自然を生活に役立てています。

維持管理 Maintenance

明治時代 ( 1868 ~ 1912年 )、日本の近代化が進む中、西洋の建築技術が伝えられ、日本の建築は大きく変わりはじめました。

大正から昭和の時代、日本の人口は1967年 ( 昭和42年 ) に1億人を超え、1912年 ( 大正元年 ) の約5千万人と比べて2倍以上増加し、世界に遅れまいとする日本の政策、電気や電話の普及、地震などの災害、戦争、石炭から石油へのエネルギー革命などによって、私たち人間の生活は大きく変化しました。

日本経済の急速な発展、技術革命、住宅不足など、めまぐるしい変化の中では「 建築物 」は造ることを優先しなければならず、維持管理についてはあまり理解されていませんでした。

その後、時代の流れとともに持続可能な社会の実現を目標として、自然環境への負荷の低減配慮、資源の消費を最小限に留めることなどが見直され、環境保全の観点から「 既存建築物 」の活用と、維持管理が注目されるようになりました。

過去に建築され、現在存在している「 既存建築物 」を長期にわたって使用するには、維持管理は欠かすことができません。

維持管理には手間と費用がかかり、さまざまな要因から後回しになりがちですが「 建築物 」にはその国、その時における思想が反映されていきます。

成熟した社会では、人々の要望はそれぞれ異なりますが「 建築物 」は地域文化の創造につながり、周囲の生活環境に影響を与えるなど、公共性を有します。

建築主 ( 所有者 ) の財産である「 建築物 」を計画的に運用し、維持管理を継続していくためには、建築主  ( 所有者 ) が「 建築物 」のことを知り、その「 建築物 」に合う維持管理について、自身で考えることのできる機会と、その維持管理の記録を残して、次の時代につなげるための環境を創り出すことが不可欠だと私たちは考えています。

参考 内閣府 平成16年版 少子化社会白書 日本の人口変化

2021年8月(令和3年)